節約&貯金

2017/09/18

通信費
1.固定電話をやめる
※携帯番号で家のローンも、生命保険も対応可能

2.インターネットを電話回線不要の安いインターネットに加入する
例)ケーブルインターネット  愛媛CATV 光ハイブリッドライトの場合 5M 1,995円
   希望の場合は315円で050番号を取得し、
   固定電話と同じように利用することが出来ます(掛けられない番号あり)

3.通話が出来てたまにインターネットも出来る携帯の契約にする
例)au携帯の場合
  基本料金  914円(無料通話1,000円付き、通話していない場合は繰り越しあり)
              (WEB de 請求書割引 -20円を入れています)

  EZ WIN (ezweb利用に必要) 300円

  ダブル定額スーパーライト 372円

  wi-fi WIN 携帯でwi-fiスポットでインターネットする 場合は525円
  (wi-fiのフリースポットなどは利用するのにお金はかかりません)
  ※急遽インターネット接続の場合は3G回線で、それでも大してかかりません。
 
  定額だからいっぱい使うだけで、従量制になれば節約のために
  あまり使わないように心がけると思います。
  どうしてもスマートフォンが使いたい場合は、
  iPod touchを購入し、wi-fi利用でアプリを利用する方法もあります(月額無料)

携帯代が合計安ければ2,000円台(+機器購入代があればその費用)
×家族で必要な個数


これで固定ネット2,000円、携帯持っている人が2人なら4,000円
通信費がひと月6,000円で対応できます。


インターネットが使える環境なので、
「ショールーミング」という方法を活用します。

※ショールーミングとは
   商品をリアル店舗で確かめて、インターネットで購入すること


服や靴は実際に試着してみないとと思う人もいると思います。
この靴が欲しいけれど希望の柄のぴったりのサイズが売り切れ…。
そんな時は、柄は違ってもサイズが合うものを試着して、
インターネットで購入。店舗より安い可能性もあります。

電化製品も同じ。値段が高ければ高いほど、
インターネット価格との差が大きく、インターネットでの購入がお得です。

大手量販店がNTTフレッツ光に入ると家電が安くなりますと言っていますが、
月々2,000円のインターネットより高いインターネットに入ることが条件になり、
あまりお得ではありません。
もちろんインターネット最安値と比較して、インターネットなどに入らなくても
店舗の方が安ければ、店舗での買い物が良いと思います。


あとは、あまりお勧めしませんが、
人気のある商品に目をつけて、売り切れ続出で需要が高まっている時に、
新品未開封状態でインターネットオークションに出せば利益が出ます。

1万で買って、2万で売れれば先に買っただけの理由で、
1万円のお金で支払ったお金は戻ってきて、さらに1万増えます。